エンパイアカジノでは税金を徴収されるのか

日本からでも決済サービスやクレジットカードなどを使って入金することが出来るエンパイアカジノでは、稼いだチップを換金することができます。日本円に換金できるということは、利益を大きく生み出せた場合には税金を支払う義務が出てくるのではと考える方も多くいます。実際の所、エンパイアカジノで儲けた額が大きければ税金を支払わなければなりません。ではどのくらいの額かと言えば、趣味程度プレイをしている場合には、一時所得の扱いになりますから控除額は50万円です。この額を越えた場合には申告が必要になります。

課税対象額をこえるとすぐに税務署から連絡が来るわけではありませんが、換金は必ず銀行口座に記録がのこりますので、多額の儲けが出ているのにもかかわらず無申告状態だったり、うっかり申告を忘れた時には、追徴課税になることもあります。こうならないためには必ず課税対象の収入になった時には、その年の1月1日?12月31日の収入を、税申告の期間に申告することが大切です。

エンパイアカジノで趣味の範疇をこえており、業とみなされるレベルでプレイをしている場合には、収入の扱いも多少変わってきます。毎日利益を生み出すために継続してプレイをしている場合には、雑所得となることがありますので、その場合には本業がある方で20万円、無職で専業でプレイしていた場合には38万円の控除額ですので、一時所得よりは低い控除額になります。プレイ時間が長くて勝つために工夫をしながら利益を上げた場合には、税務署からも雑所得として申告するように促されますから、その指示に従うようにしましょう。エンパイアカジノで課税対象となるほど利益を出した時には、必ず税務署に相談することが適切です。